テレビドラマの影響力

ナースをテーマとしたテレビドラマは多く、実際の仕事の現場での喜びや苦労を描いたものが多数あります。こういった番組の影響を受けて、医療現場について患者に向かう表向きの姿しか知らなかった人たちが、だんだんとその実態について興味を持つようになりました。

実際の仕事は患者の助けになっていくということが基本ではあるものの、テレビドラマの中では医師などの他の医療スタッフとの関係の樹立における苦闘や、看護師同士のやりとりの中での喜びや楽しみ、悲しみや苦しみが描かれることが多く、そういった点から感情移入がもたらされることが多々あります。

実際にテレビドラマで実態を知ったことによる影響を受けて将来の仕事について悩む人は大勢いるものです。幼少の頃からナースになることに憧れて育ってきている人が、その実態を知って諦めたくなってしまうということもあります。しかし、そういった人も、他の職場でも同様に人間関係の問題があることを知ったり、もともとの志の高さがその不安を上回ったりして、初心貫徹するということもよくあることです。

一方で、ナースとしての仕事の存在は知っていても自分が就こうとは思ってもみなかった人がテレビを通して魅力を感じる場合もあります。そして、そのストーリーの中の人物のように活躍したいと考えて、自分が将来になる職業として目指すようになるのもよくあることです。こういった形でテレビの影響を受ける人はとても多いのです。

ナースに限らず、どの職場でも実際に働かないとわからない苦労はあります。今はネットという便利なツールがあるので、実際に現場に出ている人の声を調べて、少しでも現場の雰囲気を感じてみましょう。医療現場の悩みについて書かれたサイト>>>【看護師の苦労って?